一定の職場で義務化されているストレスチェックとは何か?基礎知識やチェックの流れを紹介

このサイトでは、一定の職場で義務化されているストレスチェックの流れや基礎知識などについて紹介していきます。
このチェックを受ける前はどのような流れになっているかが気になるところですが、一連の流れを知っておくことで安心して受けることができます。
結果は上司や会社に知られるのかやその後の評価に影響があるかが不安なところですが、社員の健康を維持するために義務付けられていることですので引っかかっても不利になることはありません。

一定の職場で義務化されているストレスチェックとは何か?基礎知識やチェックの流れを紹介

会社でストレスチェックを行うところが増えていますが、ストレス社会によって会社員が体調不良に陥ることが増えておりそれを未然に防ぐためには企業でも産業医によるストレスチェックを行っているところが多いです。
特に近年では、IT企業などのシステムエンジニアなどは鬱などの心身の障害を抱える人が多い傾向にあり、定期的なチェックをすることで健康を維持するのが目的です。
基礎知識を知っておくことで、企業において働くモチベーションも維持できます。

ストレスチェック実施者に必要な資格とは?

ストレスチェックは2015年に始まり、企業の規模に応じて義務化されています。
この制度にかかわるのは、事業者と制度の担当者、実施者と実施事務従事者の4つの担当部門であり、どれも専門的な知識が必要となります。
この4つの部門の中で中心的な役割を果たすのが実施者です。
ストレスチェックを行う上で資格も必要となっており、医師や保健師、もしくは厚生労働大臣が定めた研修を修了した看護師や精神保健福祉士、歯科医師や公認心理士となります。
看護師や精神保健福祉士の資格があるのみではなることができません。
ですがこの2つに関しては労働者の健康管理について3年以上従事した経験があると、研修の受講が免除される仕組みになっています。
デリケートな部分を担当するので守秘義務が課せられており、責任感のある人でないと務まりません。
面接指導を行う、結果を分析し事業場ごとに集団分析をし、その結果を事業者へ助言するなど専門的な知識も必要となります。

ストレスチェック実施者はどんな役割を担っている?

ストレスチェックは常時50人以上の労働者がいる事業場に義務付けられたものです。
大変デリケートな部分を調査しますが、行うことによって労働者の精神衛生を改善する、ストレスを早期に見つけるなどの役割があり、事業場においても環境の改善に役立ちます。
このストレスチェックは誰でも行えるわけではなく、医師や産業医、保健師や精神保健福祉士など資格がある人が実施者として行うことができるようになっています。
ストレスチェック実施者の役割は、調査票の選定とその調査票に基づくストレス程度の評価方法、さらに高ストレス者の選定基準を決定することになります。
検査を行った後は、その結果を集団ごとに集計と分析を行い、事業場ごとにストレスの状況を把握していきます。
労働者への報告もありますが、個別に行うことが必須であり、事業場に許可なく開示してはいけないことになっています。
なお高ストレス者がいる場合は次の段階として面接指導がありますが、この面接指導は必ずしも実施者が行う必要がありません。

ストレスチェック制度の義務化について

平成26年に改正された労働衛生安全法によって、従業者数がある規模以上の事業場においてストレスチェックの実施が義務付けられました。
義務化された経緯としては、メンタルヘルスの悪化による労働災害が増加したからと言われています。
職場の環境によって従業者に大きな負担をかけているようなことがわかれば、改善を行わなければいけません。
適切に実施しない場合には、罰金を払わなければいけません。
また個人情報や守秘義務の違反についても罰金や懲役などの罰則が設定されています。
ストレスチェックが義務化されている事業場とは、企業全体ではなく支社や営業所などの単位ごとのカウントとなります。
よって同じ企業に勤めていても対象外となることもあります。
50名のカウントは、継続雇用されているアルバイトや正社員、契約社員などが含まれます。
契約期間が1年未満の人や労働時間が4分の3以下の人は対象外となるので、しっかりと確認しておきましょう。

ストレスチェックが義務化された背景とは

職場での人間関係を良好に築けず自分だけ孤立して浮いた存在になりそれが仕事のパフォーマンスを低下させる原因になる、上司からパワハラを受けたりサービス残業を強いられたりなど労働問題に発展しそうな精神的苦痛が生じている、ワークバランスが保てずメンタル面もフィジカル面もボロボロなどの悩みがあり、心の不調を感じている方は多いのではないでしょうか。
そんなメンタル不調に悩まされる社会人の急増が背景となり導入されたのが、ストレスチェックの義務化です。
ストレスチェック制度がスタートしたのは2015年で、従業員が50人以上の職場においては義務化されています。
50人以下の職場においては努力目標という位置づけですが、普及が進み小規模でも実施している企業は増えました。
社会人は常に強いストレスにさらされている状態で、現代社会を元気に生き抜くにはストレスといかに上手に付き合っていくかが大事なテーマとなります。
ストレスチェックの義務化により、メンタルヘルスケアの意識は高まりつつあります。

リフォームに関する情報サイト
ストレスチェックの流れ

このサイトでは、一定の職場で義務化されているストレスチェックの流れや基礎知識などについて紹介していきます。このチェックを受ける前はどのような流れになっているかが気になるところですが、一連の流れを知っておくことで安心して受けることができます。結果は上司や会社に知られるのかやその後の評価に影響があるかが不安なところですが、社員の健康を維持するために義務付けられていることですので引っかかっても不利になることはありません。

Search